進路と抱負

はじめに

こんにちは。@0meoです。

大学院3年、大学2年、高専5年と、気付いたら10年間も学生という身分を過ごしていました。

新年度からはメルカリのソフトウェアエンジニアとして働きます。自分の会社、契約社員、業務委託、パートタイムとこれまで様々な形態で働いてきましたが、正社員は初めてなので新鮮な気分です。新卒採用の枠組みでの入社となりますので、これで晴れて #駆け出しエンジニア*1 を名乗れるというものです。

せっかくなのでどのような意思決定のプロセスがあったかを文章に残しておこうと思います。

メルカリを選ぶまで

2022年4月から新卒入社するにあたって、2021年2月頃までに8社*2からオファーを頂きました。

自分の周りの優秀なエンジニア仲間は狙った会社を1, 2社受けて新卒内定をもらう方がほとんどなのですが、自分は多めに受けた中から絞り込んでいく意思決定のプロセスを大事にしたいと決めていました。企業に対する志望度は選考を受けている途中に第一志望が最下位、あるいは最下位が第一志望に変わるほど大きく振れますし、企業間で相対的なものでもあります。何より自分自身の考え方自体も変化し、気づかなかった自分に気付くことさえあります。そういった背景でいくつかの選択肢を頂いたのですが、同時に過去に就職と進学の選択肢で悩んだときと同じくらい、人生で最も悩みました。

meokz.hatenablog.com

2019年の学部での就活、2017年の高専での就活は以下のような点を重視していたと記憶しています。

  • 組織の技術力の高さ
  • プロダクトの社会的貢献度
  • エンジニアに与えられる裁量

今回の就活でもこれらの重要性は変わってないものの、一方でこれらの条件を満たした企業の選考を受けているというフィルターがかかるので、頂いたオファーのうちどれを選択するかという意思決定のプロセスにはほとんど影響しませんでした。

一方で、最も意思決定に影響を及ぼした変数は何だったかというと、人事の方々の対応でした。例えば、『自分から応募する気持ちすらなく仲介人の紹介で選考に乗ったが、人事の方の手厚いフォローによって最終的にメルカリと並んで最後の2択まで悩むことになった』『幼かった頃から働くことを思い描いていた企業だったが、合否の連絡が指定された期限よりも4ヶ月も遅れて来た』『第一志望で最も早く内定をもらっていたが、内定通知書がいつまでも送られてこず、不安になって他の会社の選考を増やした結果、より自分に合う企業が見つかってしまった』などのケースがありました。ちなみにメルカリの場合も最初の志望度は低かったのですが最終面談で上がりました。

さて、技術力やプロダクト、裁量では比較検討がしづらいとお話しましたが、そんな中で自分が新たに採用した指標は「自分がどれだけ事業に貢献できるかと、事業がどれだけ自分に成長の機会を与えてくれるかという2変数を最大化する」というものでした。これは、事業に貢献できるロールやドメインは比較的成長の余地がなく、一方で事業に貢献できないロールやドメインは成長の余地はあるもののストレスが多くなる、というトレードオフを鑑みてのことです。冒頭で述べた通り、自分は今までにいくつかの業務形態でエンジニアとして働いてきましたが、成長の機会のみを重視し結果的にストレスを抱えて潰れてしまうことが多く、反対に成長のない現場で飽きを感じた経験もあったことから、今回はそのトレードオフを考慮してみようという試みでした。これとは別に、今後のキャリア、リモート有無、オフィスの場所、求められるロールなど細かい指標を並べて二次元表を作ってみましたが、単純比較のできないカオスなエクセルができあがってしまっただけだったので、この指標はかなり意思決定に役に立ちました。

結果として、事業に貢献できることと成長の機会を両立できると(現時点の情報で)推察したメルカリが残りました。ソフトウェアエンジニアとして最低限のスキルセットを持っていて、自身でスマホアプリのサービス運営の経験があるためチームに貢献はできるはず、一方でコミュニケーションの公用語(英語)はネイティブレベルとは程遠いので成長しかない、といった具合です。また、メルカリ規模のサービスでのプロダクト施策に関して学べる余地があればと期待しています。PdMのロールではないものの、今後はプロダクトの施策に積極的に関わっていきたいと考えています。

2021年秋に1月半ほど配属先のチームでインターンをしましたがこの推察は概ね合ってるのではないかと思っています。何よりインターン中のチームの皆さんのことが大好きになったので、4月から一緒に働けることを心待ちにしています。

↓2017年のインターンの様子。2017年のインターン生の同期はもうほとんどメルカリを離れているので、それもなにか新鮮な気持ちがします

meokz.hatenablog.com

今後のこと

最後に少し今後のことについて語りたいと思います。

2017年の大学に入って1年目時点の記事では、以下の3点をやりたいこととして掲げていました。

meokz.hatenablog.com

SIGGRAPHは以前の記事で述べたので省略しますが、一番難しいだろうなぁと思っていた未踏では、スーパークリエータを頂き、その後の未踏アドバンスドにも採択されました。論文を書く研究インターンに参加するについては、サイバーエージェントのAILabで2ヶ月間お世話になりました。広告の自動生成技術の一要素について研究し、JSAI 2021で発表させて頂きました。AILabには素晴らしい研究者の方々が揃っており、研究者として生きていくのであれば間違いなく最高の選択肢の1つだと思います。研究成果とその社会実装もクールで、非常におすすめです。

cyberagent.ai

目標を達成できたのは喜ばしい一方で、どうも特に未踏アドバンスド後は燃え尽き症候群のようなガス欠感が1年以上続いており、どうしたものかと悩んでいます。この2年くらい、自分で会社をやってみて、様々な施策を打った結果多くの学習があった一方、自身のビジネス力やマーケティング力には欠如を感じました。会社や個人事業主での受託あるいは自社サービスで売上を上げるという体験を積むことはできましたがスケール可能ではないという点で大きく自分の力不足を感じます。

次の10年くらいは、「スケール可能な事業を作る」を目標に、直近は自分に不足している領域を学習する機会としていきたいです。本業とは別に、副業で自分の会社と個人事業は続けていくので、楽しそうな仕事があったら声をかけてください。

*1:#駆け出しエンジニア のハッシュタグTwitterの自己紹介に付けると変なDMがいっぱい飛んでくるのでおすすめしません。

*2:会社ごと買収や、実質選考なしのオファーを除いたカウント

大学院に行った方がいいですか?に対するアンサー

大学院に行ったほうがいいですか?

就活系のイベントで登壇すると必ずと言っていいほど「大学院って行ったほうがいいんですか?」と聞かれます。「自分自身が行きたいと思ったら行けばいいし、不要だと思うなら行かないでいいのでは」が回答なのですが、そういえば自分も大学入学前には似たような悩み事をしていたなぁ、いろんな立場の方々に聞いて回ったな、と思ったので自分が確かに実感できたメリットをまとめてみます。

ある分野に関心を寄せ、関連研究をサーベイして自分の中で体系化し、その中からまだ発掘されていない鉱山を見つけ、実際に掘ってみて、出てきたお宝を評価し、分野外の人にも分かりやすいよう報告する一連の流れを身につけることができます。IFの高いジャーナルや著名な学会に通ったとかそういう結果は二の次で(もちろんあればいいですが)、その後に研究を続ける続けないに関わらず、この能力を身に付けることができたのは財産です。例えば学部1年生から指導教官の元で研究をしているようであれば問題ないと思いますが、多くの大学生が研究する期間である1年では不十分だと感じます。

  • 一次文献を読む能力とその大切さを身に付けた

SNS上で見かける陰謀論者が想像以上に多く存在することにげんなりするこの頃ですが、自分自身がメディアに出たりSNSでバズる中で、情報というものは2次3次と誰かに伝わっていくたびに歪曲し、どれだけメディアが恣意的な発信をしないよう心がけたとしても意図しないものに変化する生き物であると感じました。例えば、自分のサービスや研究がメディアに取り上げられるとき、一定の制限やトレードオフがあるにも関わらず、露出する際はメリットばかり強調して伝えられます。メディアが視聴者の興味を引きつけPVを稼ぐように設計されていることを考慮すると当然のことで悪いこととは思いません。一方で、メディアが発信する情報に最初から間違いが含まれることもあります。ここ最近で最もげんなりしたものは、「NFTはAIが作ったディープフェイクを見破れる!」という紹介がニュース番組でなされていたときでした。

大学院で求められることは論文を読むこと、つまり一次情報に触れることです。論文を読む能力は多少の訓練が必要であり、それが必須である環境に身を置くことで一次情報にアクセスできる力を身につけることができます。これは自分の分野外で特に有効で、判断が難しい社会的なIssue(疫病、戦争、エネルギー問題など)に直面し意見を考える必要のあるときに大いに役立っています。

  • 最前線の研究者との議論できた

指導教官、共同研究室の学生、あるいは外部の共同研究者や学会で会った方々など、最前線の研究者の方々と毎日議論を重ねることができたのは大きな福利厚生だなと思います。これも専門分野に限った話ではありません。ラボ生活内では研究の話と直接関係のない新規サービスの議論もよくで行っていましたが、やはり博士号持ちや博士課程の先輩方からのアドバイスは聡明で貴重でした。一定、生存者バイアスが働いているのはあるでしょうが、やはり日頃から論理的な議論を積み重ねてきた方々とお話させて頂けることは刺激になります。

このようにメリットを上げてみると共通項が見えます。それは、大学院できちんと研究をするということは、その分野のスペシャリストになれるという点だけでなく、分野外にも応用できるジェネラルな能力が身につくのだということです。

最後に

ここで勘違いしてはいけないことは、大学院に行くことで得られる経験と、就活をする上で有利になるかどうかを混同してはいけないことです。大学院に行くことで得られる経験は、述べてきたように人生を生きていく上で重要なものも含まれるでしょうから、それを得た人間が就活において高く評価されるのは当然です。しかし、大学院に行かなくても就活上での適切な能力を備えている人はいますし、反対に大学院に行ったからといって真摯に取り組まなければ無駄に2年分歳をとった新卒ができあがるだけです。繰り返しますが、「自分自身が行きたいと思ったら行けばいいし、不要だと思うなら行かないでいい」がアンサーです。

デジタルなネイチャーな1年半

この記事は mast Another Advent Calendar 23日目の記事です。
adventar.org

22日目の記事はあつしもりさんの『僕がEOS Rを選んだ理由』でした。

f:id:meokz:20181223233836j:plain
僕も最近カメラを買いました

はじめに

こんにちは,@0meoです。 今年もAdvent Calandarの季節がやってきました。 他の方の記事を読むのはもちろんのこと,定期的に自分の感情や考えを自然言語に落とし込んでインターネットの海にアウトプットする機会として毎年とても楽しみにしています。

去年のAdvent Calandarでは「なんやかんやで内々定辞退したあとのこと」から「実際に大学に編入した直後くらい」の時系列を記事にしていました。 meokz.hatenablog.com

この記事では,その続編として,大学の卒業研究の配属先であるデジタルネイチャー研究室に配属されてからの1年半を振り返ってみたいと思います。

続きを読む

内々定辞退してそれから

f:id:meokz:20171212105408j:plain

この記事はmast Advent Calander 2017 14日目の記事です。

adventar.org

13日目は「あら、私の神!」でした。

https://note.mu/mths/n/nab35e49c408enote.mu

はじめに

こんにちは。@0MeOです。 「就活と進学をした高専生の話」(長文注意)で書いたように, 某企業から頂いた内々定を辞退して,筑波大学編入試験に合格しました。 その後の話をゆるゆるっと書いていきたいと思います。 今回も長文ですのでごゆっくりお付き合いください。

meokz.hatenablog.com

長いので読まなくて大丈夫なのですが, 2016年8月に書いた上記の記事でやりたいことを列挙していました。

  • 関東で学生をしたい
  • 関東で就活をしたい
  • 学生として海外に行きたい(留学, 学会)
  • 学生として高専生以外の人達と接したい
  • 生コンテストに出たい
  • いろいろな会社にインターンに行きたい
  • 逆求人にあと2回はでたい

というモチベーションの元,どれだけ達成されているか振り返ってみましょう。 インターン先の企業さんの名前出させて頂いていますが,問題があれば報告してください。

続きを読む

メルカリのBOLD INTERNSHIP in USAに参加した話

参加したというかまだインターンは終わってませんが、メルカリのBOLD INTERNSHIP in USAの一環でアメリカに1週間行ってきました。

f:id:meokz:20170328112634p:plain

インターンの内容についてはURL先の通りです。

www.mercari.com

「メルカリがアメリカで戦うためのアイデア考える」というMissionと「メルカリ及びCtoCサービスのユーザーヒアリングと改善提案」というCurriculumは指定されているものの、調査する内容や方法、提出するアウトプットの形式、渡米する日付や現地での過ごし方など一切指定されていません。全部、自分で1から考えて行動するというめっちゃBoldなインターンとなっています。

メルカリには調査した内容をちゃんとまとめて提出しますが、このインターンにはMissonの他に「学生に自分の目と足で世界を知ってほしい」という主催者の思惑があり、ただ、提出する資料に個人的に感じたことをつらつらと書くわけにもいかないので、お礼の意味も込めてこのブログに書いてみたいと思います。あくまでも日記の立ち位置でご覧ください。

続きを読む

H29筑波大学編入体験記のまとめ

高専から大学に編入したことをブログにまとめてくださる方が多くいらっしゃいます。特に筑波大学に関する記事は多く、分散しがちなので私も受験したH29年度の情報学群の受験体験記をまとめておきます。新しい記事を見つけ次第、随時追加していけたらと思います。

そういえば、友達と受験勉強をしていたときに「筑波大学は体験記多いけど、筑波大学の情報系以外の記事や、他の国立大学の記事少なくない?情報足りないんだけど」って言われた記憶があります。編入受験を体験した皆さまは積極的に記事を書いてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

就活と進学をした高専生の話

f:id:meokz:20160915220026j:plain

はじめに

2015年の11月から2016年の7月にかけて行った就職活動と進学活動は第一志望の筑波大学に合格という形で終わることができました。この記事は就職と進学で悩む高専生のために、就活と進学活動の両方をこなした私が感じたことを伝えるために書いたものです。また、私が将来就職活動をする上で当時の気持ちをできるだけ鮮明に思い出すためのものでもあります。長い記事になると思いますので、コーヒーでも飲みながらゆっくり読んで頂けると幸いです。

続きを読む